グランドツアーの新作「カルナージュ・ア・トロワ」がやってくる。配信日は?【Prime Video】

VEHICLES

Prime Videoのグランドツアー、シーズン4の新作が配信されることが決定しました!

前回のスコットランドに続き、エピソード4となる今回もまた、欧州のロックダウン中に撮影されたものとなっています。

スコットランド編の詳細については以下の記事をご覧ください。

 

今回はその新作について、分かっている情報をお伝えします。

配信日は?

配信日は、2021年12月17日である可能性が高いです。

前回の「ロックダウン」では、英米のリリース日と同じ日に日本のAmazonでも視聴可能になっていました。

よって、今回も同じ日であると予想します。

名前の意味

私はタイトルに「三人衆の大虐殺」と書きましたが、邦題がどうなるか分かりません。

2021-12-20 追記:邦題は「カルナージュ・ア・トロワ」となりました。

原題は「CARNAGE A TROIS」で、直訳すると「三人衆の大虐殺」という物騒なタイトルになります。

TROISはフランス語で3という意味ですが、どうやら今回はフランスに関係のあるエピソードのようです。

「カルナージュ・ア・トロワ」の概要

エピソード4の要点をピックアップすると、以下の通り。

  • フランスの車について扱う
  • 舞台はフランスではなくイギリス
  • 映画さながらの迫力

フランス車について扱う

今回はおなじみの三人衆(ジェレミー、ハモンド、ジェームズ)がフランス車を掘り下げるエピソードになっています。

フランス車といえばルノー、プジョー、シトロエンなどがありますが、それらの車はもちろん出てきます。

また、フランスの自動車文化についても扱うようで、あの3人のことですから、なにか皮肉めいたことでも言うのでしょう。

舞台はフランスではなくイギリス

フランスがテーマでありながら、舞台はイギリスのウェールズから始まります。

理由はロックダウンの影響です。当時はイギリス人がフランスへ渡るのも困難だったでしょうから。

とはいえ、イギリスを舞台にした車の旅も悪くありませんよ。

映画さながらの迫力

トレーラーを見る限り、かなり迫力のある内容になっています。

ヘリコプターに吊るされた車が落下したり、プロペラが動力源の車を運転したり、フランス車がボロボロになったり、超下手くそな縦列駐車をしたりなど、興味深い内容です。

今後の配信予定

ロックダウン中に撮影されたものは、前回の「ロックダウン」と今回の「カルナージュ・ア・トロワ」でひとまず終了です。

ロシアスペシャルの再計画

COVID-19が世界的に流行する前に、ロシアでの撮影が計画されていたのはご存知ですか?

一旦はロシアスペシャルが白紙になったのですが、噂によると、また撮影が始まる可能性があるとのことです。

ロシアでの撮影、一体どんな内容になるのか楽しみですね。

3人の個人番組

3人はグランドツアーとは別に個人の番組も持っています。

それぞれご紹介します。

ジェレミー・クラークソン、農家になる

あのジェレミーが農家になったことで話題を呼びました。

最近、このシリーズのシーズン2の撮影が始まったようです。

配信は1年以上先になると思われますが、期待しましょう。

 

Richard Hammond’s Workshop

Prime Videoでは配信していませんが、「ハモンドのワークショップ」というシリーズが始まっています。

このシリーズはDiscovery+にて配信されている、ハモンドの自動車修理のドキュメンタリーです。

興味のある方はチェックしてみてください。

James May: Our Man in the USA

2022年に配信予定のジェームズによる番組です。

これは「ジェームズ・メイの日本探訪」に続くシリーズで、今度はアメリカが舞台です。

アメリカでジェームズが何を喋るのか注目ですね。

 

タイトルとURLをコピーしました