Includes PR

Taylor Swiftの各アルバムから2曲だけ選べるとしたら?

AMERICAS

Taylor Swiftの各アルバムから2曲だけ選べるとしたら、どの曲を選ぶべきか?この問いはSwifitieにとって難しい選択になるかもしれません。なぜなら彼女の曲にはお気に入りの曲が多すぎて1つのアルバムから2つの曲だけを選ぶことは不可能だからです。

そこで私が必要のないミニマリズムを追求するために役立てた方法として、客観的な芸術としての評価を選択の基準に取り入れました。つまり音楽に関する専門家の意見を参考にしたということです。もちろん彼らの意見を盲目的に肯定するつもりはありませんが、以下のトラックリストが少しでも意味を持ち、私が一人のSwiftieとして誇れるものになることを願っています。

Prime会員の方へ

Amazon Prime会員の方は「Amazon Music Unlimited」をお得に利用することができます。詳しくは下のボタンからチェックしてみてください。

Amazon Music Unlimited
詳細はこちら

Taylor Swift

“Taylor Swift” はTaylorの華々しいキャリアの最初にリリースされたアルバムです。彼女の名前と全く同じであるため、Swiftiesの間では単に “Debut” と呼ばれることがしばしばあります。このアルバムは一貫してカントリーミュージックに忠実です。

ところがTaylorの場合は古典的なカントリーミュージックに留まりません。彼女がまだティーンエイジャーだったことを活かした若くて未熟なエネルギーがこのアルバムには随所に感じられます。それが愛すべきところであり、彼女が大きな可能性を秘めていたことの証拠になります。

Nominated

“Picture To Burn”, “A Place in this World”, “I’m Only Me When I’m With You”

Taylor Swift [12 inch Analog] – Amazon

Teardrops On My Guitar

Taylorが幼い頃、Drewという男の子に恋をしたことを綴った曲です。憎しみの恋愛をするには早すぎる年齢の穏やかな悲しみをストレートに表現しています。この曲は素朴で美しく、彼女のキャリア黎明期でやれることを最大限にやった結果そのものです。

Teardrops On My Guitar
Released: 24 October 2006
Songwriters: Taylor Swift, Liz Rose
Producer: Nathan Chapman

Should’ve Said No

歌詞はともかく、音楽としての技術的に楽しい曲です。最初はカントリー調から始まりますが、次第にキャッチーなメロディになり、最後のコーラスの予想外なキーチェンジは聴く人々を楽しませます。歌手として成熟した今のTaylorが歌ったらどうなるのか気になります。

Should’ve Said No
Released: 24 October 2006
Songwriter: Taylor Swift
Producer: Nathan Chapman

Fearless

Taylorが初めて “Grammy Album of the Year” を勝ち取ったのはこのアルバムでした。いくつかの曲はラジオで何度も再生され商業的に成功を収めた一方で、忘れられがちな曲もあることを認めざるを得ません。完璧なアルバムではありませんが、ドラマチックなラインが多いため個人的には気に入っています。

Nominated

“Love Story” (T.V.), “The Way I Loved You” (T.V.), “Mr. Perfectly Fine” (From The Vault)

Fearless (Taylor’s Version) [12 inch Analog] – Amazon

You Belong With Me

多くの人々がこの曲を聞いて懐かしいと口にするはずです。印象的なコーラスと明快な歌詞によってこの曲が有名になっただけでなく、Taylor Swiftの名が世界に知れ渡るきっかけになったといっても過言ではありません。

私が歌詞を見ずにTaylorの曲を歌えるようになった初めての曲です。彼女のディスコグラフィの中で突出して技術的に優れているとは思いませんが、間違いなく2000年代を代表するポップソングの一つであり、その時代を生きた人々の記憶に残り続けるでしょう。

You Belong With Me
Released: 11 November 2008
Songwriters: Taylor Swift, Liz Rose
Producers: Taylor Swift, Nathan Chapman
Christopher Rowe (Taylor’s Version)

Tell Me Why

“Tell Me Why” はほとんどの瞬間で慌ただしいですが、女の子を無意識に傷つけている愚かな男について歌うのに落ち着いた曲である必要はありません。“You could write a book on how to ruin someone’s perfect day” は彼女の憤りがどれほどであるか理解するのにこれ以上ない、私のお気に入りのフレーズです。

Tell Me Why
Released: 11 November 2008
Songwriters: Taylor Swift, Liz Rose
Producers: Taylor Swift, Nathan Chapman
Christopher Rowe (Taylor’s Version)

Speak Now

“Speak Now” はカントリーとポップが絶妙にブレンドされた最高のアルバムであるのにも関わらず、あまり注目されないのは疑問に思います。Taylorが10代の最後に残したこのアルバムには、彼女自身の青春に別れを告げて大人へ転換する重要な時期が投影されています。

私はこのアルバムに対して感情的になる傾向があります。なぜなら私が初めて聴いた彼女の曲は “Mine” で、私が高校で恋をしていたときは馬鹿みたいにこのアルバムを繰り返し再生していたからです。いま聴いても当時のことを思い出します。

Nominated

“Back To December” (T.V.), “Haunted” (T.V.), “Dear John” (T.V.)

Speak Now (Taylor’s Version) [12 inch Analog] – Amazon

Enchanted

うっとりするほど美しく、文字通り魔法にかけられたような曲です。誰もが大人になったつもりでも、密かにキラキラとしたおとぎ話の世界に憧れを抱いています。この曲を聴けばいつでも子ども時代の憧れに戻ることができます。この曲は偉大な傑作であり、決して忘れられることはありません。

Enchanted
Released: 25 October 2010
Songwriter: Taylor Swift
Producers: Taylor Swift, Nathan Chapman
Christopher Rowe (Taylor’s Version)

Long Live

この曲はSwiftiesにとってアンセムのような存在です。慣れ親しんだ場所から抜け出して新しい段階に移ることは不安ですが、この曲は臆病な気持ちを前向きなものに変えてくれる強力な力があります。歌詞にあるように、共にドラゴンと戦った時間は失いかけていた自信を取り戻すために必要です。

Long Live
Released: 25 October 2010
Songwriter: Taylor Swift
Producers: Taylor Swift, Nathan Chapman
Christopher Rowe (Taylor’s Version)

Red

Taylorがポップシンガーの道を歩み始めた頃、“I Knew You Were Trouble” “22” のような大ヒット曲を含んだこのアルバムが誕生しました。彼女の主軸が徐々にポップへ変化していることに多くの人々は好意的に受け取り、彼女は自信をつけたでしょう。このことが後にリリースされるアルバムの方向性に影響を及ぼしたことは言うまでもありません。

Nominated

“All Too Well” (10 Minute Version), “Come Back… Be Here” (T.V.), “Holy Ground” (T.V.)

Red (Taylor’s Version) [12 inch Analog] – Amazon

State Of Grace

Taylorのアルバムの中で最高のオープニングです。心地よいドラムと彼女の歌声に同調するギターのリフはアルバム全体がどのような雰囲気なのかを示すのに素晴らしい役割を果たしています。歌詞の比喩は秀逸で、彼女がソングライターとしての才能があることはこの曲がリリースされたときから明らかでした。

State Of Grace
Released: 16 October 2012
Songwriter: Taylor Swift
Producers: Taylor Swift, Nathan Chapman
Christopher Rowe (Taylor’s Version)

Treacherous

愛とは意識によって左右され、決して制御下におくことは出来ない。驚くことにTaylorは愛の本質を哲学的な視点で歌にすることに成功したのです。“Two headlights shine through the sleepless night” から始まるブリッジではいつも鳥肌が立ちます。

Treacherous
Released: 22 October 2012
Songwriters: Taylor Swift, Dan Wilson
Producer: Dan Wilson

 1989

Taylorはデビューからいくつかのアルバムをリリースした後、“1989” で完全なエレクトロポップのアルバムを完成させました。彼女のキャリアを考えると決して楽な道のりではありませんでしたが、カントリーミュージックの豊富な経験があったからこそ “1989” は安っぽくて退屈なポップアルバムになることを回避できたのだと思います。

Swiftiesはこのアルバムがお気に入りだとよく言います。長い間私は彼女のカントリーミュージックにしか興味を持っていませんでしたが、このアルバムの全てを聴いてすぐに私のつまらない先入観を早く捨てるべきだったと後悔しました。今はこのアルバムが大好きです。

Nominated

“This Love” (T.V.), “Wonderland” (T.V.), “I Wish You Would” (T.V.)

1989 (Taylor’s Version) [12 inch Analog] – Amazon

I Know Places

“I Know Places” はコーラスでTaylorのパワフルな歌声が目立つ曲です。特にTaylor’s Versionでこの曲は大きく改善され、彼女の成熟した歌唱力が妥協なく反映されています。この曲の中盤にある “We run” では彼女が少しかすれた声で叫ぶ象徴的な瞬間がありますが、正直に言って、とてもクールです。

I Know Places
Released: 27 October 2014
Songwriters: Taylor Swift, Ryan Tedder
Producers: Taylor Swift, Ryan Tedder
Noel Zancanella

Out Of The Woods

キャッチーなメロディの信仰者にとって最初はこの曲があまり印象を与えないかもしれませんが、繰り返し細部を注意深く聴いているうちに中毒になっているはずです。“Are we out of the woods yet?” のバックボーカルは美しく、この曲の全ての繰り返しには意味があることに気づくと、決して反復的で退屈な曲ではないことが分かります。

Out Of The Woods
Released: 14 October 2014
Songwriters: Taylor Swift, Jack Antonoff
Producers: Taylor Swift, Jack Antonoff
Max Martin

reputation

Kanye Westとの確執に言及したこのアルバムは多くの部分がTaylorの復讐心に満ち溢れています。前半の曲は暗く重苦しく、同じポップでありながら “1989” の曲と比べてR&Bに近づいたように聞こえます。その悪名高いラッパーがいなければ2017年にリリースされたTaylorのアルバムは全く異なるものになっていた可能性があるのは興味深いです。

このアルバムを最初から再生すると “Getaway Car” から雰囲気が一変し、よりソフトで親しみやすい曲が続きます。まるで彼女が正気を取り戻したかのようです。このことから分かるように、このアルバムには統一性があり、曲を追っていくにつれ物語をたどっている気分になります。

Nominated

“Call It What You Want”, “Dancing With Our Hands Tied”, “King Of My Heart”

reputation [12 inch Analog] – Amazon

Getaway Car

“Getaway Car” が多くのSwiftiesに愛されているのには理由があります。一つはTaylorの内省的な失敗談であるということ。彼女はCalvinと別れるためにTomとデートして彼を逃走車として利用しました。結局そうすることで何も良いことはありませんでした。そして独創的でとてもキャッチーであるため、音響的にも評価されている作品です。

Getaway Car
Released: 10 November 2017
Songwriters: Taylor Swift, Jack Antonoff
Producers: Taylor Swift, Jack Antonoff

This Is Why We Can’t Have Nice Things

歌詞が安っぽくて幼稚に聞こえるかもしれませんが、シリアスになりすぎている “reputation” にはこのような曲が必要です。歌詞はともかくコーラスの効果的なピアノや短い叫び声、乾いた笑い声など全体的に楽しい曲です。シャワー中に歌うには最高の曲であることに皆が同意します。

This Is Why We Can’t Have Nice Things
Released: 10 November 2017
Songwriters: Taylor Swift, Jack Antonoff
Producer: Jack Antonoff

Lover

“Lover” はパンデミックが発生する前にTaylorがつくった最後のポップアルバムです。“1989” のシンセポップを踏襲したようですが、それほど一貫性があるわけではありません。いくつかの曲は商業的に成功した一方で、それらの曲は実際のファンの好みとはかけ離れているのが問題です。

つまり “Lover” は彼女のことをよく知らない人々が注目する彼女の曲とSwiftiesが注目する曲が最も乖離したアルバムだということです。良い見方をすれば多様性があるトラックであり、このアルバムのどれかの曲はあなたのお気に入りになる可能性が高いです。

Nominated

“Miss Americana & The Heartbreak Prince”, “Lover”, “Soon You’ll Get Better”

Lover [12 inch Analog] – Amazon

Cruel Summer

“Cruel Summer” は多くの注目を集めて支持されていますが、一部の熱狂的なSwiftiesによって過大評価されているわけではないことを強調しておきます。全体的に心地よいアップビートと覚えやすいメロディはプロダクションの成功した点で、それが評価されることに疑問の余地はありません。

Cruel Summer
Released: 23 August 2019
Songwriters: Taylor Swift, Jack Antonoff
Annie Clark
Producers: Taylor Swift, Jack Antonoff

Paper Rings

この曲は “Lover” のトラックリストの中で少し雰囲気が異なります。とはいってもアルバム全体の調和を乱すほどではなく、ただノスタルジアな2000年代の曲を彷彿とさせるのです。楽しげな内容に見えますが、紙の指輪というタイトルのせいで全ての歌詞に皮肉が込められているかもしれないことを考えると恐ろしいです。

Paper Rings
Released: 23 August 2019
Songwriters: Taylor Swift, Jack Antonoff
Producers: Taylor Swift, Jack Antonoff

folklore

2020年にTaylorは彼女にとって初めてのインディアルバムをリリースするという大胆な行動を起こしました。結果的にこのアルバムはあらゆる面で優れ、音楽産業の歴史に残るほどの傑作に値します。贅沢な静けさの中に素朴で内省的な歌詞が際立ち、それらがこのアルバムを比類なき素晴らしいものにしています。

Nominated

“the last great american dynasty”, “mirrorball”, “cardigan”

folklore [12 inch Analog] – Amazon

august

“august” はAugustineと呼ばれる女の子についての架空の物語です。物語が大袈裟すぎず、多くの人々が共感できる範囲に留まっているところが気に入っています。奇妙なことに、私はAugustineではないのにも関わらず、まるで彼女として生きて経験したことがあるかのように懐かしいと感じます。

august
Released: 24 July 2020
Songwriters: Taylor Swift, Jack Antonoff
Producers: Taylor Swift, Jack Antonoff

illicit affairs

タイトルから分かるように、この曲は禁じられた愛について歌ったものです。“Don’t call me kid, don’t call me baby” から激しさを増し、このアルバムの中で最も怒りに満ちた印象深いブリッジが待ち構えています。その後のアウトロは空虚に襲われますが、同時に心が満たされるという矛盾が起こります。

illicit affairs
Released: 24 July 2020
Songwriters: Taylor Swift, Jack Antonoff
Producers: Taylor Swift, Jack Antonoff

evermore

“evermore”  は同じ年の夏にリリースされた “folklore” の姉妹アルバムでありながら、二つのアルバムは似て非なるものです。“folklore” は爽やかなインディフォークなのに対し、このアルバムはカントリー調なオルタナティブです。Taylorがここにきて少しだけカントリーに回帰したことは非常に興味深く、このアルバムに音の多様性をもたらしています。

残念なことに、このアルバムはかなり不遇です。“folklore” という美しい小説の影に隠れ、さらにリリースされてから4ヶ月後には “Fearless” の再収録が公開されたため、人々の注目を集めきるまでの十分な時間を与えられなかったのです。そのせいで私は “folklore” がリリースされてすぐに気に入った一方で、“evermore” が秀逸な作品だと気づくまでに3年を要しました。

Nominated

“tolerate it”, “cowboy like me”, “happiness”

evermore [12 inch Analog] – Amazon

gold rush

“gold rush” は一人の女性の白昼夢に過ぎません。彼女は誰もが憧れる人を手に入れたいものの、その妄想には意味がないことを彼女は過剰なほど自覚しています。私はこの曲に居る彼女の感覚が痛いほど分かるのです。とても悲観的でゴージャスな曲です。

gold rush
Released: 11 December 2020
Songwriters: Taylor Swift, Jack Antonoff
Producers: Taylor Swift, Jack Antonoff

right where you left me

この曲はTaylorの初期のアルバムを彷彿とさせます。程よく韻を踏みながら歌詞に意味を詰め込みすぎず、起伏に富んでいてドラマチックです。歌詞の中で何度か繰り返される “I’m right where you left me” が何を意味するのか、彼女が言う度に変化しているように聞こえます。

right where you left me
Released: 18 December 2020
Songwriters: Taylor Swift, Aaron Dessner
Producer: Aaron Dessner

Midnights

Taylorはこのアルバムでエレクトロポップに戻ってきましたが、彼女がこれまでに発表したどのアルバムにも似ていません。確かに細部に注目するとデジャヴのように感じることはありますが、全体を見るとこのアルバムが彼女の全く新しい開拓地であることが分かるはずです。

このアルバムには突出して優れた曲はそう多くありません。しかし平均的には高い水準を維持しています。特に “3am Edition”“The Til Dawn Edition” は魅力的なボーナストラックを含んでいます。私がこのアルバムで気に入った曲のほとんどがボーナストラックであることに戸惑いましたが、これは音楽産業で近年に流行している戦略の一つなのでしょう。

Nominated

“Hits Different” (The Til Dawn Edition), “Maroon”, “You’re losing me” (From The Vault)

Midnights [12 inch Analog] – Amazon

Would’ve, Could’ve, Should’ve

この曲は間違いなく “Midnights” を代表する最も悲劇的な曲の一つです。“Memories feel like weapons” は繊細な10代の女性にとって年上の男性と関係を持つことの代償であり、Taylorが激しく後悔している思い出という事実はうんざりするほど生々しいです。

Would’ve, Could’ve, Should’ve
Released: 21 October 2022
Songwriters: Taylor Swift, Aaron Dessner
Producers: Taylor Swift, Aaron Dessner

The Great War

Aaron Dessnerのプロダクションの驚くべきところは無謀にも1つの曲の中で愛を戦争に例えているのにも関わらず、まとまりのある曲に仕上がっていることです。センシティブなテーマであるため好みが別れることは理解しています。私はこの曲にあるTaylorの少し大袈裟な比喩と巧みな言葉遊びが気に入りました。

The Great War
Released: 21 October 2022
Songwriters: Taylor Swift, Aaron Dessner
Producers: Taylor Swift, Aaron Dessner

The Tortured Poets Department

Swiftieとして正直に言いましょう。 “The Tortured Poets Department” は急いで作られたアルバムのようです。気まずくて詩的な表現が多すぎますし、いくつかの曲は歌詞に注力するあまりに音響が疎かになっています。それに31曲を集中して聴き続けられる熱心な人々が多くいるとは思えず、15曲にして厳選することも出来たはずです。

私は何度もこのアルバムを好きになろうと試みました。一つ言えるのは、このアルバムはじっくり時間をかけて聴かないと魅力に気づくことが出来ません。ラジオで流れるようなキャッチーな曲は少なく、気軽に聴けるアルバムではないことはリリース直後の評判に反映されています。このようなアルバムは数年後に大きく評価が変わることがあります。

Nominated

“Guilty as Sin”, “The Smallest Man Who Ever Lived”, “So High School”

The Tortured Poets Department [12 inch Analog] – Amazon

My Boy Only Breaks His Favorite Toys

全体的にダイナミックな曲で、アウトロの盛り上がり方は独創性に満ちています。彼の大好きなおもちゃは彼女のことを意味していると気づいたときの衝撃は忘れられません。Once I fix me, he’s gonna miss me” と彼女は言いますが、どうせまた壊されるに決まっています。なんて残酷な歌詞でしょう。

My Boy Only Breaks His Favorite Toys
Released: 19 April 2024
Songwriter: Taylor Swift
Producers: Taylor Swift, Jack Antonoff

 I Can Do It With a Broken Heart

“I Can Do It With a Broken Heart” はTaylorが大人気の歌手として感じたことそのものです。この曲はどのような意図があって作られたのか私たちは吟味する必要があります。彼女は完璧でなくても前向きに生きようとしているのか、またはただ悲惨な状況を知ってほしかったのか。いずれにせよツアーで披露されるとしたら、観客は “More” と叫ぶべきでしょうか?

I Can Do It With a Broken Heart
Released: 19 April 2024
Songwriters: Taylor Swift, Jack Antonoff
Producers: Taylor Swift, Jack Antonoff