【今さらレビュー】FIA ヨーロピアン・トラックレーシングを評価

VEHICLES

こんにちは、ゲイル(@galenomad)です。

「FIA ヨーロピアン・トラックレーシング・チャンピオンシップ」ってどんな内容なのかな。買う価値はあるの?

今回は、このような悩みに答えます。

たしかに「トラックのレース」なんてマイナーですし、どんなゲームなのか検討がつかない人も少なくないはず。そこで、私が実際に購入してプレイしました。

2019年発売ということで、少し今さら感は拭えませんが、購入するか迷っている方のためにレースゲーム好きの私が分析しましたので、ご覧ください。

前半:私の直感的な感想
後半:本格的な考察
という構成になっています。

※正式名称だと長いので、以降は「ETRC」と略します。

 

ETRCの概要を紹介

こちらがメニュー画面です。色々ありますが、基本的にはトラックを速く走らせるのが目標になります。この記事では、ソロプレイを扱っていきます。

ソロプレイの内容

  • キャリア:一人のドライバーとしてシーズンを戦う
  • クイックレース:好きな車、好きなサーキットでレース
  • チャンピオンシップ:複数のレースでポイントを争う
  • イベント:面白いミッションをプレイできる
  • タイムトライアル:1周のタイムを競う

バラエティ豊富なサーキットたち

最初に私の目を引いたのは、このサーキットたちです。下記は商品概要から引用したものですが、レース好きにとってはワクワクさせる文面になっています。

8つの公式ETRCサーキット(ニュルブルクリンク、ル・マン、ゾルダー、ミサノ…)の他に、富士スピードウェイやラグナ・セカ、サーキット・オブ・ジ・アメリカズを含む、全14の世界有名サーキットを収録。

現実に存在するサーキットがいくつも収録されているのは嬉しいですね!

テストラン

早速、イタリアのミサノで試運転してみました。

車内視点だと臨場感たっぷりです。レースゲームでこの視点の高さは他に体験できません。横転しそうで怖いですけど。笑

富士でクイックレースに出場

続いては、日本で有名なサーキット「富士スピードウェイ」でクイックレースに出場してみることにしました。どこまで再現されているか気になるところです。

スタートの混戦

普通のレースカーでさえ富士の1コーナーは混雑するというのに、車体の大きいトラックがレースをしたら大混雑になります。各車スモークを上げて大迫力です。

ダンロップコーナー手前

ダンロップコーナーの手前では富士山を眺めることができます。空模様と相まって、つい見惚れてしまいますが、ボーッとしているとブレーキが遅れて危険です。

ピット作業はあるのか?

ピット作業を見たくてピットに入ってみましたが、ただ素通りするだけでした。

ETRCを買う価値はあるのか

結論として、買う価値は十分あると言えるでしょう。その理由を以下の4つの観点から評価しました。

  1. 挙動
  2. グラフィック
  3. サウンド
  4. コンテンツの充実度

レースゲーム好きにとっては普通に楽しめ、レースゲームに疎い方でも少し練習してコツを掴めば、すぐに楽しめる内容になっています。

挙動

トラックの挙動は独特で、乱暴に扱うと上の画像のようにスピンしてしまいます。ヨー慣性モーメントが大きいから独特の挙動になるのかもしれません。もし間違ってたらごめんなさいm(_ _)m

でも安心してください。マリオカートのように操作するのは難しいですが、運転の基礎(制動→旋回→加速)を踏まえることで、そこまで神経質になることなく運転できます。

水冷ブレーキの概念

ETRCには水冷ブレーキがあります。定期的にトラックに積まれた水を使って、ブレーキを冷やさないと「オーバーヒート状態」になってブレーキ性能が低下します。

ブレーキの冷却は基本的に直線で行います。厄介なことに、冷却に使える水の量には限度があって、水色のゲージが無くなると冷却水を使い果たしたことになります。

冷却水を使い果たしたら、ブレーキの未来は短い!

リミッター(速度制限)がある

プレイしていると、160km/hから速度が上がらないことに気が付きました。リミッターが付いていることは理解しましたが、なぜ付いているのでしょうか?

疑問に思った私は、実際のETRCのレギュレーションを覗いてみました。

すると、やはり「160kphの速度制限」との記述を発見しました。いくらレースとはいえ、トラックはリミッターを設けないと安全を確保できないんでしょうね。

グラフィック

グラフィックは申し分ないほど綺麗です。そして、サーキットの広告看板にこだわりが見られます。驚くほど鮮明で、コカ・コーラの看板を見ていたら飲みたくなってくるほどです。こうした実際の企業の広告は、臨場感を演出するのに一翼を担っているかもしれません。

一方で、コーナーの曲率が若干正しくない箇所が見受けられました。サーキットを見慣れている人にとって、最初は違和感を覚えるかもしれませんが、まだ許せる範囲だと思います。

サウンド

1000馬力の力強いエンジン音と、5トンの車重を支えるタイヤのスキール音によって「いまトラックを操っている」と強く認識させてくれます。

一般的なレーシングカーの音とは違うベクトルで迫力が出ていますよ。

コンテンツの充実度

  • 45台のトラック
  • 20の実名チーム
  • 14のサーキット
  • 5つのソロプレイモード
  • 3つのマルチプレイモード

多くのレースゲームと比べてみても、決して見劣りしない内容になっています。トラックレースに特化していることを考えれば、充実しているのではないでしょうか。

ETRCのまとめ

最後に、要点をまとめるとこんな感じです。

  • 買う価値は十分ある
  • レースゲーム初心者は少し慣れが必要
  • トラックの挙動は面白い
  • 映像と音は共に迫力を感じる

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
それでは、また。

 

タイトルとURLをコピーしました