カンパはキャンペーンと同義?カンパの意味・語源を解説

EUROPE

日本では「寄付を募ること」という意味として定着したカンパという言葉ですが、どこから来た言葉なのでしょう?

今回は、カンパの語源と言語別の意味について解説します。

日本語のカンパの由来

日本語のカンパは、ロシア語の「кампания(カンパニア)」に由来しています。

本来の意味

日本語では単に「寄付を募る」という意味のカンパですが、本来のロシア語の意味は少し複雑です。

本来の意味は「大衆に運動を促すこと、そのための寄付を募ること」です。つまり、ただの募金と言うよりも、より政治的な活動の意味が含まれているんですね。

英語のキャンペーンについて

実は、カンパと英語のキャンペーンは関連があります。

キャンペーンの意味

ロシア語のカンパニアと英語のキャンペーンはほぼ同じ意味です。

オックスフォード辞典を見てみると、次のようになっていました。

  1. a series of military operations intended to achieve a particular aim.
  2. an organised course of action to achieve a goal.

無理やり簡潔にすると、1つ目の意味は軍事作戦、2つ目の意味は社会運動ですね。使われる頻度で言えば、圧倒的に2番目の意味です。

では、キャンペーンの語源はどこから来ているのか見てみましょう。

 

キャンペーンの語源

キャンペーンの語源を辿ると、ラテン語に行き着きます。語源を伝播した順に並べると、こんな感じです。

  1. ラテン語(campus)
  2. フランス語(campagne)
  3. 英語(campaign),ロシア語(кампания)
  4. 日本語(カンパ)

ラテン語からフランス語を経て、英語やロシア語に伝播した後、日本でも使われるようになったのが大まかな流れです。

そして、重要なのが言語ごとに意味が変化してきたことです。分かりやすいように言語別の意味を含めて、一覧にしました。

スペル 意味
ラテン語 campus 野原・広場
フランス語 campagne 軍事行動・田舎
英語 campaign 社会運動・作戦
ロシア語 кампания 社会運動・募金
日本語 カンパ 資金集め

こうしてみると、意味が変化していく様子に納得がいきませんか?

ちなみに、大学のキャンパスはラテン語の「campus」から来ています。

語源に興味のある方におすすめ

タイトルとURLをコピーしました