2021年に新型シビックの発売が決定!現時点での最新情報

VEHICLES

ホンダの人気コンパクトカーである「シビック」の新型モデルが、2021年から2022年にかけて発売されることが決まりました。

6月10日時点での最新情報をチェックしていきましょう。

2021年秋発売予定の新型シビック

新型シビックの概要

大まかにまとめると、以下のとおりです。

  • よりシックな外観に
  • 1.5Lターボエンジン
  • 引き続き前輪駆動
  • より大きなディスプレイ
  • スマホとの連携
  • ドライバー・アシスタントの改善

シビックは2022年に向けて、全く新しくなります

ボディは再設計し、インテリアも変更し、マシンスペックも向上したとされています。

マシンスペック

新型シビックで唯一、前世代から引き継ぐ箇所は、パワートレインのオプションです。

基本モデルには158馬力の2.0L, 4気筒エンジンが搭載されています。

アップグレードされたエンジンも158馬力の1.5Lターボ, 4気筒エンジンです。

また、新型シビックにはAWDのオプションがないので、全てFF(前輪駆動)となります。

✔MTは廃止される

残念なことに、マニュアル・トランスミッションは廃止されます。前世代シビックにはMTモデルがあっただけに、悲しいですね。

よって、全てのオプションはCVTとなるわけですが、現在ホンダは、前世代シビックとは別の高性能なCVTを開発中です。

後に発売予定のType RモデルはMTがあると言われています。

合理化されたインテリア

新型シビックは、より合理化されたインテリアのデザインになっています。

幅が広く取られたセンターコンソールは、前世代シビックよりもスッキリとした印象です。

シフトレバーの近くには、スマートフォン、鍵、軽食などを収納するための深いスペースがあります。

ちなみに、乗員スペースは2021年モデルとほぼ同じで、セダンの荷室も同じだとホンダは言っていました。

電子デバイス

新型シビックには、7.0インチのタッチスクリーンが標準装備されます。以下は、オプションを含めた一覧表です。

標準装備 7.0インチディスプレイ
オプション① 10.2インチディスプレイ
オプション② 9.0インチディスプレイ

Apple CarPlayAndroid Autoはどちらも標準装備されており、スマートフォンとの高度な連携が可能です。

Apple CarPlayとAndroid Autoについて詳しく知りたい方は、下記の公式サイトをご覧ください。

その他のオプションには、BOSEのステレオシステムや、ワイヤレス充電パッドなどがあります。

運転支援システム

歩行者や前方の車を検知する自動緊急ブレーキや、車線をはみ出さないように警告・修正するアダプティブ・クルーズコントロールなど、多くの運転支援システムが標準装備です

今となっては当たり前となりつつある運転支援システムですが、あると心強いですね。

タイトルとURLをコピーしました