ノルウェーの先進的なエネルギー戦略

LIFE

ノルウェーの次世代エネルギーへの関心は高く、特に水素への関心、シフトが行われています。

今回は、ノルウェーがどのようなエネルギー戦略を持っているか見ていきましょう。

ノルウェーの先進的なエネルギー戦略

電気自動車の普及

ノルウェーは、船舶や自動車からの二酸化炭素排出ゼロを本気で目指しています

自動車に関しては、2025年までに販売を禁止することを既に決定しています。

そのほかに、以下の項目に関して、内燃機関自動車の負担が重くなっています。

  • 高速道路の使用料金
  • 道路税

これらは、電気自動車(EV) などの販売が有利になる政策になっています。

さらに、ノルウェーは欧州各国と比較して、電気料金が安くなっています。なぜなら、水力発電が国内の発電のほとんどをカバーできているからです。

ノルウェーは新車販売台数に占める電気自動車の割合が高く、世界一電気自動車が普及しているといえます。

以下は、2021年2月時点の国別シェア一覧です。

国名 電気自動車 EV車販売台数
ノルウェー 47.5% 10,687
イギリス 6.9% 51,312
フランス 6.4% 132,637
ドイツ 9.4% 194,349
スウェーデン 6.1% 22,687
オランダ 5.6% 21,862

ご覧の通り、ノルウェーの電気自動車シェア率は47.5%と、圧倒的になっています。

ちなみに、日本の電気自動車シェア率は、2%以下です。

水素とアンモニアの利用

先程ご説明した通り、ノルウェーは電気料金が安くなっているので、フェリーの電動化も進んでいます。

しかし、電動フェリーは航続距離に限界があります。

そこで、ノルウェー政府は、フェリーに燃料電池を導入できないかと考えました。

2021年には、世界初の燃料電池フェリーが就航します。

燃料電池フェリーを走らせるためには、水素やアンモニアを生産する必要があります。

実は、運行状況によって、どの燃料が最適なのか変わってきます。

長距離船舶 アンモニア
高速船 水素

次世代エネルギーの世界展開をするにあたって、今後、水素やアンモニアなどの生産体制を整えていく必要があります。

原子力船をご存知ですか?

サスティナブルな船として、原子力船というものがあるのをご存知でしょうか。

危険性を含めて、「「未来の船」と希望を抱かれた原子力船開発の歴史について解説」にて分かりやすく解説しています。興味のある方はご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました