【F1】Wシリーズとは?視聴方法を含めて解説

FORMULA 1

F1を見ていると、Wシリーズという言葉を耳にしたことはありませんか?

今回は、Wシリーズに関することを説明する記事になっています。

ご覧になっている方がWシリーズに興味を持ってくだされば幸いです。

Wシリーズとは

Wシリーズは、自動車競技のカテゴリーの一部で、F1のサポートレースです。

このシリーズの最大の特徴は、ドライバーを女性に限定しているという点です。

名前の由来

Wシリーズの「W」は「Women」の頭文字に由来しています。

女性のレースカテゴリーを確立する上で、分かりやすい名前になったのですね。

設立の目的

Wシリーズが生まれた目的は、以下の通りです。

  1. Wシリーズで注目を集める女性が増える
  2. 若い女性がモータースポーツに興味を持つ
  3. 彼らがカートをはじめる
  4. 女性のモータースポーツを活性化させる

また、Wシリーズはこのような考えを持っています。

If you can see it, you can be it.

あなたがそれを見ることができるなら、あなたはそれになることができる。

つまり、「Wシリーズを見て憧れた女性は、彼らのように活躍できる」という考えです。

ゆくゆくはF1へ

もちろんWシリーズの目標はWシリーズで活躍する女性を増やすだけにとどまりません。

世界中の女性がF1を含めて、モータースポーツのトップレベルでレースしているのを見たいという目標があります。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by W Series (@wseriesracing)

これまで、F1の女性ドライバーは5人しかおらず、最後に参戦したのは1976年にまで遡ります。

女性が決勝レースに進出したのは1976年のレラ・ロンバルディが最後

マシン

Wシリーズのマシンは、F3のシャシーをベースにしたワンメイクになっています。

シャシー タトゥース T-318(FIA F3)
エンジン アルファロメオ tuned by アウトテクニカ・モートリ
エンジンスペック 4サイクルターボ 270馬力(1,750cc)
ギアボックス Sadev SL-R 82 6速ギア(パドルシフト)
電子制御 アウトテクニカ・モートリ
ブレーキ ブレンボ
ホイール F: 10″ × 13″ R: 12″ × 13″

タイヤに関しては、F1に供給されているピレリではなく、ハンコックのワンメイクです。

シャシーはF3と同じようなものですが、エンジンスペックはWシリーズの方が低くなっています。

ドライバー・チーム

ドライバーとチームに関しては、公式サイトをご覧ください。

 

レーススケジュール

2021年は全8戦で行われます。

ヨーロッパとアメリカ大陸で、残念ながら日本ラウンドはありません。

  1. レッドブルリンク(6月25ー26)
  2. レッドブルリンク(7月2ー3)
  3. シルバーストン(7月16ー17)
  4. ハンガロリンク(7月30ー31)
  5. スパ・フランコルシャン(8月27ー28)
  6. ザントフォールト(9月3ー4)
  7. COTA(10月22ー23)
  8. エルマノス・ロドリゲス(10月29ー30)

Wシリーズの視聴方法

日本では以下のサービスでWシリーズを視聴することができます。

プラクティス YouTube
予選 Facebook
レース DAZN

プラクティスと予選は無料で観ることができますが、レースはDAZNの契約をしている必要があります。

 

レースハイライトに関してはYouTubeで観ることができます。

どんなレースなのか理解するには良い方法ですよ。

タイトルとURLをコピーしました