【F1】Jarno Opmeerってどんな人?キャリアからプライベートまで解説

FORMULA 1

こんにちは、ゲイル(@galenomad)です。

F1のEスポーツで「Jarno Opmeer」という人をよく見かけるけど、どんな人なの?

今回は、このような疑問に答えます。

Jarno Opmeerのキャリアからプライベートまで、日本語で詳しく紹介していきますので、お付き合いくださいませ。

Jarno Opmeerってどんな人?

名前 Jarno Opmeer(ヤーノ・オプメア)
国籍 オランダ
生年月日 2000年4月11日
職業 Eスポーツドライバー, Youtuber

名前の読み方ですが、英語実況の発音を聴く限り「ヤーノ・オプメア」が一番近いと感じました。Jの発音がヤ行になっているのは、彼の母語であるオランダ語の発音に則ったものです。

彼は2000年生まれですので、角田裕毅と同い年ですね。

 

Opmeerのキャリア

実は、彼はただのEスポーツドライバーではありません。元レーシングドライバーで、F4やフォーミュラ・ルノーに参戦していた時代もありました。

彼の経歴を簡単に分けると、次のようになります。

  1. カート(2004〜2015)
  2. F4(2016)
  3. フォーミュラ・ルノー(2017〜2018)
  4. Eスポーツ(2019〜)

カート(2004〜2015)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Jarno Opmeer (@jarnoopmeer)

オランダ出身のOpmeerは、4歳からカートを始めました。2009, 2010, 2011年にはオランダでチャンピオンになり、フォーミュラへと駒を進めていくことになります。

F4(2016)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Jarno Opmeer (@jarnoopmeer)

2016年の「SMP F4チャンピオンシップ」では、総合成績2位という好成績を残しました。1位は同じオランダ人のRichard Verschoorで、少なからずライバル意識があったに違いありません。

フォーミュラ・ルノー(2017〜2018)

F4では好成績を残し、フォーミュラ・ルノーでも活躍が期待されていましたが、思うような結果は残せずに終わりました。

もちろん、彼のドライビングセンスが光ったレースもいくつかありましたが、それでも表彰台には一度も立つことなく、フォーミュラから去ることになりました。

Eスポーツ(2019〜)

2019年からは「F1 Eスポーツシリーズ」のドライバーとして活動することになります。

  • 2019:Renault Sport Team Vitality
  • 2020:Alfa Romeo Esports
  • 2021:Mercedes-AMG Esports
  • 2022:Mercedes-AMG Esports

ここからOpmeerの黄金時代がやってきます。2019年のルノーではシリーズ4位でしたが、2020年と2021年にはチャンピオンを獲得しました。

今やF1 Eスポーツで絶対的存在として、尊敬の念を抱かれるまでになっています。

Opmeerのプライベート

ここからは、彼のプライベートをご紹介しますよ!

彼の愛車

2020年にメルセデスと契約したこともあり、彼は「メルセデス E200」に乗っているようです。ナンバーを見てみると、オランダで取得したようですね。

彼のInstagramによると、この車はメルセデスから提供されたものではなく「自分自身へのプレゼント」なんだそうです。彼のメルセデス愛が伝わってきます。

ガールフレンド

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Jarno Opmeer (@jarnoopmeer)

Opmeerには「Lynn」というガールフレンドがいます。彼女もオランダ人です。お似合いのカップルですね!

ランド・ノリスとの共演

レースシムに関心があることで有名なF1ドライバーのランド・ノリスと数回共演しています。興味がある方はぜひご覧ください。

たまに「Pogmeer」と言われる理由

たまに見かける「Pogmeer」ってどういう意味だろう?

私も最初は疑問に思ったのですが、後にこれは褒め言葉だということが判明しました。

「Pog」は驚きや感動を意味する

「Pog」は主にTwitchで使われるスラングのようです。これを彼の名前に組み込んでPogmeerと呼ばれるようになりました。

上記のツイートも「Pogmeer」と書かれていますが、このときの彼は、そう呼ばれるに相応しいことを成し遂げました。18位から優勝するという大逆転劇があったためです。

レースの詳細はこちら:https://youtu.be/ArCVz_E2Ifk

おまけ:ダーティー・ヤーノ

Eスポーツで輝かしい成績を収めているJarno Opmeerですが、まれにダーティー・ヤーノが現れることがあります。以下の動画を見れば、意味がわかるはずです。

公式戦でライバルを壁に・・・

Jarno Opmeerとイタリア人であるDavid Tonizzaの2位争い。OpmeerはTonizzaを壁に押し付けてしまい、ひどい事故になりました。

この事故のあと、Tonizzaは指で丸を作るサインを出していますが、これはイタリアでは侮蔑を意味します。中指を立てるようなものですね。

F1の煽り運転?

こちらは公式戦ではなく、お遊びのようなレースです。わざと止まって相手をリタイアさせようとするのですが、失敗して彼自身もリタイアする羽目になりました。

ダーティー・ヤーノについてご理解いただけましたか?笑

タイトルとURLをコピーしました