イギリス英語とアメリカ英語のスペルの違いに法則性はあるのか?

WORLD

イギリス英語とアメリカ英語という言葉があるように、両者には若干の違いがあります。

中でもわかりやすいのは、スペルの違いです。

英米トップのツイート比較

例として、イギリスのジョンソン首相と、アメリカのバイデン大統領のツイートを比較してみましょう。

ジョンソン首相は”behaviour”というスペルなのに対し、

バイデン大統領は”behavior”と、異なるスペルになっています。

 

しかし、こんな悩みを持つ英語学習者の方も少なくないでしょう。

スペルの違いに法則性はあるのかな?混同してしまいそう

今回は、このような悩みを解決します。

どうか最後までお付き合いくださいませm(_ _)m

英米のスペルの違いに法則性はあるのか?

結論から言うと、スペルの違いに法則性はあります。

法則ごとに単語をまとめましたので、ぜひご覧ください。

-or vs. -our

アメリカ英語は”-or”ですが、イギリス英語は”-our”と、1文字増えます。

この法則の単語

アメリカ英語 イギリス英語
behavior behaviour
color colour
neighbor neighbour
flavor flavour
favorite favourite
honor honour
humor humour
labor labour
endeavor endeavour
odor odour
rumor rumour
savor savour
splendor splendour
vigor vigour
glamor glamour

-ze vs. -se

アメリカ英語は”-ze”ですが、イギリス英語は”-se”と、文字が置き換わります。

この法則の単語

アメリカ英語 イギリス英語
analyze analyse
apologize apologise
realize realise
organize organise
minimize minimise
recognize recognise
specialize specialise
emphasize emphasise
memorize memorise
appetizer appetiser
catalyze catalyse
criticize criticise
civilize civilise
prize prise
socialize socialise

-e vs. -oe/-ae

アメリカ英語は”-e”ですが、イギリス英語は”-oe”と”-ae”に分かれます。

イギリス英語の方は、なんとなくフランス語のようなスペルですね。

この法則の単語

アメリカ英語 イギリス英語
anemia anaemia
cesium caesium
cecum caecum
celiac coeliac
estrogen oestrogen
leukemia leukaemia
medieval mediaeval
pedophile paedophile
pediatric paediatric

-er vs. -re

アメリカ英語は”-er”ですが、イギリス英語は”-re”と、スペルが逆になります。

この法則の単語

アメリカ英語 イギリス英語
center centre
fiber fibre
meter metre
kilometer kilometre
liter litre
theater theatre
luster lustre
maneuver manoeuvre
meager meagre
saber sabre
scepter sceptre
somber sombre
specter spectre
louver louvre
caliber calibre

-l vs. -ll

アメリカ英語は”-l”ひとつですが、イギリス英語は”-ll”と、2つになります。

この法則の単語

アメリカ英語 イギリス英語
traveled travelled
traveler traveller
traveling travelling
modeling modelling
counseling counselling
counselor counsellor
equaling equalling
fueled fuelled
fueling fuelling
quarreling quarrelling
signaling signalling

-ll vs. -l

アメリカ英語は”-ll”のように2つですが、イギリス英語は”-l”と1つだけです。おや?

さっきは反対だったじゃないか!紛らわしい!

そうですよね。ただ、この法則の単語は少ないので安心してください。

この法則の単語

アメリカ英語 イギリス英語
enrollment enrolment
fulfill fulfil
installment instalment
skillful skilful

-se vs. -ce

アメリカ英語は”-se”ですが、イギリス英語は”-ce”と、文字が置き換わります。

この法則の単語

アメリカ英語 イギリス英語
defense defence
license licence
practise practice
offense offence
pretense pretence

-ck/-k vs. -que

アメリカ英語は”-ck”や”-k”に分かれますが、イギリス英語は”-que”に統一されます。

“-que”というスペルですが、いかにもロマンス諸語の影響を受けた感じがしますね。

この法則の単語

アメリカ英語 イギリス英語
check cheque
checker chequer

-og vs. -ogue

アメリカ英語は”-og”ですが、イギリス英語は”-ogue”と、2文字増えます。

この法則の単語

アメリカ英語 イギリス英語
dialog dialogue
analog analogue
catalog catalogue
monolog monologue

-ed vs. -t

アメリカ英語は”-ed”ですが、イギリス英語は”-t”と、文字が置き換わります。

この法則の単語

アメリカ英語 イギリス英語
dreamed dreamt
burned burnt
learned learnt

例外の単語

ここまで法則のある単語をご紹介してきました。

しかし、それらの法則に当てはまらない単語も存在しますので、いくつかご紹介します。

アメリカ英語 イギリス英語
whiskey whisky
plow plough
cozy cosy
gray grey
mom mum
mustache moustache
pajamas pyjamas
program programme
tire tyre
aging ageing
specialty speciality
judgment judgement
airplane aeroplane
mold mould

おわりに

かなりの数の単語をご紹介しましたが、全て把握する必要はありません。

なぜなら、英語のネイティブでも両方のスペルを完璧に把握している人は少ないですし、それでも、お互いに意味はわかるからです。

イギリス英語を学んでいる人であれば、「アメリカ英語はこんな感じのスペルだったな〜」程度の認識で問題ないと思います。

一番やってはいけないのは、両方のスペルを混同することです。

これは読み手を混乱させる要因になりますので、イギリス英語かアメリカ英語のどちらかのスペルを完璧にする意識でいきましょう!

タイトルとURLをコピーしました